アマガン スポーツBLOG 眼鏡道

関西の兵庫県尼崎市にある スポーツメガネ・サングラスのプロショップblog

*

SAINT【セイント】WILEY X-ワイリーエックス-🇺🇸軍用アイウェアとは思えない美しいスタイリングのアイウェア☀️

   

軍用アイウェアとは思えない美しいスタイリング🌈

セイント

その使用目的と低コスト重視の大量生産がゆえに、軍用アイウェアは無骨で繊細さに欠け、チープであると言われていますがWX SAINTを見た者は考えを改めざるをえないでしょう。繊細にも見える美しいスタイリングにはミルスペックMIL-PRF-32432(GL)規格に準拠した軍用アイウェアの性能を潜ませています😀

セイント マットブラック

従来型の軍用アイウェアであれば、ミルスペックに準拠するためにフルリム・フレームで最低レンズ厚2.2mm以上、ハーフリム・フレームでれば最低レンズ厚は2.4mm以上の極厚レンズを使用しているため、プリズムによる視界の歪み等による光学性能の低さとアイウェア自体の重量増加による大きなデメリットがありました…

セイント ブラック

WX SAINTは高性能光学SELENITE™レンズによって、レンズ厚を2.0mmに抑え、しかも軽量なハーフリム・フレームでミルスペックをクリアする驚異的な性能を実現しています❗️

ワイリーX

ワイリーXのその他のフレームはこちらをご覧ください💁‍♂️

WXバッジは高性能光学アイウェアである証

セイント

軍用アイウェアは工業用セーフティグラスよりも耐衝撃性に優れているものの、その光学性能の低さから単なるセーフティグラス(保護グラス)の領域を脱していないといえる。ただ、これはWXバッジを持つアイウェアには当てはまらないことをロンドンオリンピックのメダリストAnders Goldingが証明している。高性能光学アイウェアである証としてWX SAINTにも美しいフレームラインにシャイニーなWXバッジが輝いています🤗

 

インサイド・ディティールにもこだわったスタイリング

セイント

通常、大量生産で低コスト重視の軍用アイウェアは全体的にプラスチック剥き出しのチープな作りであるが、WX SAINTは所有者でしか知りえないインサイド・ディティールにさえ、こだわった作り込みが見える。流れるような美しいテンプルラインだが正真正銘のMIL-PRF-32432(GL)規格品である。テンプルとノーズにはノンスリップ・ラバーが配置されており、ズレ難いグリップ性も備えています❗️❗️

カラーバリエーション

セイント マットブラック

セイント ブラック

度付き対応

製作可能

 - WILEY X【ワイリーエックス】 ,