折り畳みメガネ・サングラス等

近視、遠視、乱視、老眼、眩しさ、伊達など、これらが共通して連想されるのが「眼鏡」「サングラス」であり、常時掛ける人、必要に応じて掛ける人がいらっしゃると思います。必要に応じて掛ける人には近視や遠視や乱視、老眼の人で度数が弱い人、サングラス、伊達でかけるメガネやサングラス等は、ポケットやバック、或いは車の中に収納することも多く持ち運びに困ったこともある方に、コンパクトでおしゃれで、収納も嵩張らないメガネ、サングラスがあればと考えられたことはないでしょうか。人はコンパクトなものが好きな生き物かも。あえて言うまでもないが、携帯することを前提に考えれば、その度合いは一気に増してくる。折り畳み然り、スマートフォンが勢いを増すが、携帯電話も見ても明らか。化粧品ケースも薄く、鏡だってコンパクトミラーがある。身だしなみという点からも、携帯性はある種必須条件であることから、メガネも避けては通れない。大きなものでは、飛行機だって翼が折れるもの、もっと身近にいれば、車のサイドミラーは、フェンダーからドアミラーへと移行し、ドアミラー自体も開閉する。その機能性ももちろんだが、コンパクトミラーに映った自分の顔が化粧によって変身していいく様子、折り畳み傘を折り目正しく束ねることができたプチな喜び。ドアミラーを広げ、ドライブに出掛けるワクワク感。その動作はもちろん、気持ちの切り替え役として、無意識のうちに楽しさを感じているのかもしれない。さて、メガネの携帯性だが、コンパクトに収納できる機能は、すでに江戸時代のメガネにも見ることができる。ブリッジから2つに折れるタイプは、アンティークフレームの一つのトレンドとなってきた。また智のデザインによって、フロントにピッタリくっつくように水平にテンプルが畳まれるメガネフレームも、アンティークメガネで見られる傾向だ。意外にもスリムでコンパクトなメガネは古くから存在するわけだが、主役までにいかないのは、やはりメガネ、サングラスがファッションアイテムとする意識も関わっている。その反面、メガネ、サングラスは機能的でなければならない。この機能といっても様々な要素が含まれる。機能美であったり、快適な装用感、レンズへのストレスを軽減させる機能。つまりハード・ソフト両面からのアプローチである。一般的にテンプルが丁番によって畳まれるが、さらにもう一つ折り畳まれる機構を加え、さらにブリッジも折り畳めるフレームをクローズアップ。とかく携帯するメガネといえばリーディンググラスを連想してしまうものだが、コンタクトレンズとの併用、常用メガネとしても十分な機能を発揮するものがリリースされている。予備のメガネというイメージを覆す、デザイン性と機能に驚かされるはず。しかも折り畳んで収納する、そして開いてメガネを掛ける楽しささえもプラスする。折り畳み機構以外でも、よりスリムなデザインに専用ケースを備えたフレームも見逃せない。携帯性に優れたメガネ、サングラスの情報を発信。



おすすめ記事

おすすめメガネ

  1. 1

  2. 2

  3. 3

ピックアップ記事

  1. 強度近視メガネ
    強度近視眼鏡の理想をご提案レンズだけで薄く軽くするのでは…
  2. 大きいメガネ
    (1)レンズが入る大きさ62mm (2)フレーム横幅…
  3. 丸メガネ
    丸メガネを掛けている人と出会ったとき、何となく吸い込…