メガネレンズの設計

単焦点レンズと言われる「遠視・近視・乱視用」「老眼鏡」のレンズは大きく
「球面レンズ」「非球面レンズ」「両面非球面レンズ」の3つに分けられます。

■球面レンズ

 

全面のカーブと後面のカーブの差で、レンズの度数が決まります。中央が薄いレンズを「マイナスレンズ」中央が厚いレンズを「プラスレンズ」と呼びます。球面設計は一番ポピュラーな設計です。

レンズのカーブが外面・内面ともに球面になっています。

■非球面レンズ

 

片面のカーブをなるべく浅くして、歪みと厚みを抑えたレンズです。薄さを重視する方にお勧めです。

レンズ外面のカーブが、非球面になっている設計。非球面設計は、球面設計より薄くて軽いレンズに仕上がります。

■両面非球面レンズ

 

両面を非球面化させて、極力【歪みを抑えた】レンズです。強度の乱視がある場合や度数自体が強い場合、両面非球面はパワーロスが少ない。クリアな見え方をご希望の方におすすめです。

レンズのカーブが外面・内面ともに非球面になっている世界初の先進設計。非球面設計がレンズの両面に施されているため薄く軽くなる効果は絶大です。

眼鏡レンズの理想は、「両面非球面設計」です。レンズのすみずみまでユガミやボヤケの少ないシャープでクリアな視界を確保。自然な見え方で疲れを感じにくく、快適な掛け心地が実感いただける先進設計のレンズです。

 


関連記事


おすすめ記事

おすすめメガネ

  1. 1

  2. 2

  3. 3

ピックアップ記事

  1. 強度近視メガネ
    強度近視眼鏡の理想をご提案レンズだけで薄く軽くするのでは…
  2. 大きいメガネ
    (1)レンズが入る大きさ62mm (2)フレーム横幅…
  3. 丸メガネ
    丸メガネを掛けている人と出会ったとき、何となく吸い込…