シーンに合わせたメガネレンズ&度付きサングラスレンズ スキー/スノーボード

ふだん眼鏡を掛けている方が、スキーやスノーボードなどのウインタースポーツを行う時に、用具やウエアーの準備だけではなく、コンタクトか眼鏡か・・・どちらを準備しようか? それぞれに問題があるので悩まれる方もいらっしゃると思います。下記は、コンタクト、眼鏡のいづれにしても考慮することが必要ではないでしょうか。

  • 晴天時の雪面の反射光が気になる。(眼鏡&コンタクトレンズいづれにしても)
  • スキー・スノーボード中やその後に、目に異常を感じた経験がある。(眼鏡&コンタクトレンズいづれにしても)
  • 滑走中の視界をもっとクリアにしたい。(眼鏡)
  • ゲレンデと屋内での掛け外しの手間を省きたい。(眼鏡)

例えば、スキーなどのウインタースポーツを楽しんだ後に、目が充血したり涙が止まらなくなることがあります。これらの問題を少しでも解決できるスキー・スノーボードに適したレンズをご紹介いたします。(ゴーグル&度入りゴーグル以外での方法です。)

スキーやスノーボードなどのウインタースポーツを楽しむ上で欠かせないのは、紫外線対策。アスファルトや芝生などに比べ、雪面は紫外線が多く反射するため、対策を怠ると目に大きなダメージを与え、「雪眼炎」や視力低下の原因となります。

紫外線の強い雪山でウインタースポーツを快適に楽しみたい方には、遮光オーバーグラス「STG」をおすすめします。このタイプは普段掛けている眼鏡の上からかけたり、コンタクトレンズを装用された状態でもかけることができます。さらに、テンプル横の部分にも同じレンズがはめこまれているため、側面の視界も保たれています。レンズカラーは、まぶしさの原因となる雪面の青みを抑え、コントラストをはっきりさせる効果のある暖色系カラー(LY・YL)が適しています。

左写真:TYPE:M (フレームカラー「ブラック」)

素材は、軽くてしなやかなフィット感のナイロン系。テンプル横(a)の部分にも正面レンズと同じカラーレンズをはめ込み、側面の視界を保ちながら横から進入するまぶしさもカット。

さらにフレーム上部(b)には厚みを持たせ、上から入り込む光を遮断しています。

また、調光機能を備えた「トランジションズS」、「レゾナスHX トランジションズS」は、太陽光の強さに合わせてレンズの色の濃さが変わるため、滑走中はまぶしさを抑え、室内での休憩中は普段お使いのレンズとほとんど同じかけ心地に。UVカット機能も施されているので、目への負担を大きく軽減します。

調光材の色変化

 


関連記事


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 強度近視メガネ
    強度近視眼鏡の理想をご提案レンズだけで薄く軽くするのでは…
  2. 大きいメガネ
    (1)レンズが入る大きさ62mm (2)フレーム横幅…
  3. 丸メガネ
    丸メガネを掛けている人と出会ったとき、何となく吸い込…