アイケアレンズ 30歳からの手元作業中心の眼精疲労対策メガネ

眼精疲労を防ぐためには、「疲れ目」を起こすことを避けるようにしなければなりません。特に、現在の10代、20代の方にとっても、スマートホン等によるIT関連の画面を頻繁に見ることも多く、また、現在社会における30代以上の方のライフスタイルも車社会に加え、パソコン・携帯電話の普及により、遠くをしっかり見る必要性と、近くを凝視する機会が増大しています。このような若年層の方、中年層の方までのお奨めレンズのご紹介です。

  

「疲れ目」と「眼精疲労」の違いをご存知ですか?

誰でもパソコン作業などで長時間近くを見ていると、目のピントを調整する筋肉(毛様体筋)の緊張が続き、「疲れ目」が起こります。その状態が習慣化すると、疲労が蓄積、頭痛や肩こり、ひどい時には吐き気などを引き起こす「眼精疲労」となってしまいます。疲れ目には早期ケアが必要です。

■こんな方にオススメです。

Ⅰ.黒板の文字を見ながらノートをとる学生に

眼の働きを考慮したレンズなので、遠くから近くの視線移動も違和感なくおこなえます。

Ⅱ.強度の近視で、コンタクトレンズやメガネが手放せないヘビーユーザーに

眼の働きを考慮したレンズなので、遠くから近くの視線移動も違和感なくおこなえます。

Ⅲ.パソコン作業など近方視の多いオフィスワーカーに

パソコン作業等近方視の多い方や、加齢によって調節力が衰えtてきた方にもお奨めいたします。

 

■レンズ設計

 

レンズ下方部に、ゆるやかなアシストエリアを設定。近方視時の調整力をアシストし、筋肉の緊張を和らげます。

このレンズは、は近方視のアシスト機能がありながら、遠くの視界もしっかり確保。掛け心地も外見も、単焦点レンズのように自然です。

 


関連記事


おすすめ記事

おすすめメガネ

  1. 1

  2. 2

  3. 3

ピックアップ記事

  1. 強度近視メガネ
    強度近視眼鏡の理想をご提案レンズだけで薄く軽くするのでは…
  2. 大きいメガネ
    (1)レンズが入る大きさ62mm (2)フレーム横幅…
  3. 丸メガネ
    丸メガネを掛けている人と出会ったとき、何となく吸い込…