眼、メガネ、サングラスに関連する「その他」

dummy1

眼、眼鏡、サングラスに関連した新聞記事、雑誌記事、小冊子、単行本等のご紹介や、尼崎市/西宮市/伊丹市/川西市/宝塚市/芦屋市などの眼科のご紹介、その他多方面からの情報を発信いたします。

例えば、

■カラーコンタクトレンズのこと・・・日本経済新聞(夕刊)広角鋭角より

目の健康を守る5:未受診「カラコン」で重症化
瞳を大きく見せたり、色や模様を変えたりするカラーコンタクト(カラコン)を利用して眼を傷めるケースが後を絶たない。重篤な症状になることもあり、眼科医からは警鐘を鳴らす。

■スマホ老眼のこと・・・日経スタイルより

スマートフォン(スマホ)を長時間使用することで、目のピントが合いにくくなる「スマホ老眼」が増えている。パソコンに比べ、至近距離で見続けるのが原因だ。強度近視の原因にもなるので、早めの対策が必要だ。
「近くにピントが合いにくい」「小さな文字の読み書きがしづらく、肩がよく凝る」・・・。40代以降になると、誰でもそんな違和感を感じるようになる。それが「老眼」だ。
ところが、「ここ数年、ピント調整がうまくできないと訴える10代、20代の若者が増えてきた」と、クイーンズアイクリニックの荒井宏幸院長は話す。症状は加齢による老眼と似ているため「スマホ老眼」という言葉も生まれたが、メカニズムはまったく異なる。

■ゴルフと目(老眼)の関係・・・雑誌ゴルフダウジェストより

最近パットの調子がよくないなぁ〜 という方は、眼の衰えがその原因かも、ゴルフと視力の影響について、専門家とシニアプロに聞いてみた。40代後半から50代のゴルファーには、視力の衰えを実感している人も多いことだろう。そこで、ゴルフにおける視力の影響について、あらゆる種目のスポーツ用メガネを取り扱う尼崎眼鏡院の阪上勝基さんに聞いてみた。「スポーツに必要とされる視能力にはいくつかありますが、そのなかでもゴルフで重要度が高いのは”深視力”です」深視力とは、簡単にいってしまえば、距離や距離の差を感じる能力。「大型免許」「二種免許」の取得、更新時には視力検査とは別に、この深視力検査が行われている。遠近感や立体感を感じる能力なので、ゴルフにおいては距離感を判断する重要な能力だ。

 



おすすめ記事

おすすめメガネ

  1. 1

  2. 2

  3. 3

ピックアップ記事

  1. 強度近視メガネ
    強度近視眼鏡の理想をご提案レンズだけで薄く軽くするのでは…
  2. 大きいメガネ
    (1)レンズが入る大きさ62mm (2)フレーム横幅…
  3. 丸メガネ
    丸メガネを掛けている人と出会ったとき、何となく吸い込…