用途に合ったメガネやサングラス

dummy1

用途に合った眼鏡・サングラス(度なし/度付き)、ゴーグル(度なし/度付き)は、正視の場合と屈折異常がある場合(近視/遠視/乱視など)や、年齢によって専用のフレーム(用途別)や一般のフレームとレンズの設計によって、さまざまな組み合わせになります。

利用シーンによってのレンズ設計、レンズの種類(無色レンズ/カラー付きレンズ/遮光レンズ/偏光レンズ/調光レンズなど)と同時に、無色レンズ以外であれば、場所や時間によるカラーの種類を選択する必要になってきます。

さまざまな利用シーンに適したメガネ、サングラスには、それぞれの用途のみに使用する眼鏡・サングラスから・ゴーグルから、普段の眼鏡・サングラスと兼用使用できるものまで色々なタイプがあります。

バイクメガネ/サングラス等は、バイク時のみのゴーグルタイプの度付きメガネ・度入りサングラスと、普段も兼用でかけることもできるメガネ・サングラス度付きタイプがあり、その他、パイロット用メガネ/サングラス、ゴルフメガネ/サングラス、登山用メガネ/サングラス、ドライブメガネ/サングラス、スポーツ用メガネ/サングラス(競技別)、

たとえば、釣りメガネ/サングラス、マラソンメガネ/サングラス、剣道用メガネ、スキー&スノーボード用度付きゴーグル、ダイビング用度付きゴーグル、スイミング用度付きゴーグル、フィットネス用度付きゴーグル等、

また、花粉症メガネ/サングラス、パソコン用メガネ、スマートフォンメガネ、お風呂用メガネ、ピアノ用メガネ、化粧用メガネ(アイシャドー時など)、ドライアイ用メガネ、深視力用メガネ、眼瞼下垂用眼鏡、治療用眼鏡といったように、あらゆるシーンや用途において眼鏡、サングラス、ゴーグルが必要。

また、昨今はスマートフォン(スマホ)を長時間使用することで、眼のピントが合いにくくなる「スマホ老眼」が増えている。それは、「近くにピントが合いにくい」「小さな文字が読み書きしづらく、肩がよく凝る」など、40代以降になると、誰でもそんな違和感を感じるようになる。
それが「老眼」だ。

ところが、「ここ数年、ピント調節がうまくできないと訴える10代、20代の若者が増えている。これらの対策にスマホメガネ(レンズの設計やレンズの種類選び)の製作がある。これら、あらゆる用途、利用シーンに合せた眼鏡・サングラス・ゴーグル等に関連する情報を発信。

dummy1



おすすめ記事

おすすめメガネ

  1. 1

  2. 2

  3. 3

ピックアップ記事

  1. 強度近視メガネ
    強度近視眼鏡の理想をご提案レンズだけで薄く軽くするのでは…
  2. 大きいメガネ
    (1)レンズが入る大きさ62mm (2)フレーム横幅…
  3. 丸メガネ
    丸メガネを掛けている人と出会ったとき、何となく吸い込…