商品名:ステイトメントⅢ 大きいサイズのメガネ 

<大きいメガネについて>

従来の眼鏡フレーム(天地幅の大きい眼鏡フレーム)の場合の横幅サイズは4種類から7種類ほどあったのですが、天地幅の短いフロントデザインが増えるとともに、横幅サイズが1種類から3種類になっていきました。つまり、基本デザインがパリジャン型からオーバル型へと変わっていったのです。このような背景のなかで、現在の主流の天地幅の短いデザインのサイズが50mmサイズから54mmサイズで製造されているため、お顔の大きい方がピッタリ合うヤング向きの大きいメガネ(LLサイズやLサイズ)フレームのサイズ58mmから62、64mmがほとんどないのです。あったとしても、良く言えばビジネス的な、悪くいえばオジサンメガネばっかり(パリジャン型)で、パリジャン型を嫌う中高年の方やヤングの方で、大きいお顔に適した流行のヤング向き(オーバル型)はないのです。(眼鏡フレームは一般的に横幅のサイズが基準です。)ただ、眼鏡専門店が考える大きいメガネというものは、小さいメガネや普通サイズのメガネを、そのまま相似形で大きくすればよいと言うものではありまでん。大きいメガネのデザインや構造は、どうあるべきか。たとえば、いまどきのメガネデザイナーはスマートでシャープな感じの玉型をデザインしたいということから、やたらと天地のサイズの短いものの絵を描きがちです。27mmや26mmは当たり前、25mm24mm、場合によっては、23mm以下というのもあります。しかし、それではそのメガネを掛けたときの垂直方向の寸法が狭すぎて視野が足りなく感じることが往々にしてあります。その他、光学的に出来る限り問題が生じない設計、製造を行うことで「快適な」「おしゃれな」大きいメガネフレームを発信しています。撮影:岡本真行

おしゃれな大きいメガネフレーム

<その一例>

商品名:マンチェスター58 Manchester58

 上記フレームカラー:ブラック

サイズ:61□17

その他のカラー:茶デミ/クリアブラック/ブラウンナガレ/茶色横流れ

<商品説明>

大きいメガネのセルフレーム、ステイトメントⅡ」ですが、今回、若干のモデルチェンジを加えまして「ステイトメントⅢ」として帰ってきました。5種類の色は、筆頭の黒をはじめとして……重厚感を感じる色合いが並んでいます。2つめの茶デミは、わずかにマダラとなった焦げ茶色です。カーキのようなシャープな色目をはらんでいます。3つめのクリアブラックは、黒とよく似ていますが、
ほんのすこしだけ透けたクリア系の黒。でも離れて見ればほぼ黒にしか見えません。4つめのブラウンナガレと、5つめの茶色横流れは、色が濃いめか明るめかの違いくらいです。ブラウンナガレは濃いめで、茶色横流れは明るめです。

<他カラー>

 上記フレームカラー:茶デミ

 上記フレームカラー:クリアブラック

 上記フレームカラー:ブラウンナガレ

 上記フレームカラー:茶色横流れ


関連記事


おすすめ記事

おすすめメガネ

  1. 1

  2. 2

  3. 3

ピックアップ記事

  1. 強度近視メガネ
    強度近視眼鏡の理想をご提案レンズだけで薄く軽くするのでは…
  2. 大きいメガネ
    (1)レンズが入る大きさ62mm (2)フレーム横幅…
  3. 丸メガネ
    丸メガネを掛けている人と出会ったとき、何となく吸い込…