大きいメガネ

no30

(1)レンズが入る大きさ62mm (2)フレーム横幅48mm (3)左右レンズ面の中心距離77mm(4)耳の掛けるテンプルの長さ150mm (5)左右フレームの上下幅56mm (単位mm)

1408032auigauhv

メガネがファッションの一部として捉えだされた時期(平成元年)から、眼鏡のフレームデザインがオーバル型(小さめ)への主流になり、今までの「パリジャン型」や「ウエリントン型」等といった大きめのフレーム(オジサンぽい、ビジネスマンぽい)が少なくなっていきました。

そのうえ、「パリジャン型」や「ウエリントン型」等にはフレームサイズに種類があったのですが、もともとデザイン的に小さい「オーバル型」は殆どの場合が1サイズで、体格のいい方で大きいお顔の人にとっては、お似合いになる流行のおしゃれな大きいメガネフレームで、しかも縦幅が狭い、というものが非常に少なく、今までの「パリジャン型」や「ウエリントン型」から選ばなくてはならないことが多かったと思います。つまり、アイファッションの主流であるオーバル型では、お顔の大きい方が好まれる大きい眼鏡フレームが見つからなかったのです。

いまでは岡本隆博氏デザイン等のオリジナル展開としてリリースした大きいなメガネ枠が勢ぞろいしています。
キングサイズメガネフレームのデザインや構造は、どうあるべきか。を、提唱して製造されている大きいメガネというものは、小さいメガネや普通サイズの眼鏡を、そのまま相似形で大きくすればよいと言うものではありません。

現在のメガネデザイナーの考え方は、スマートでシャープな感じの玉型をデザインすることが基本になっていることから、27mmや26mmは当たり前、25mm24mm、場合によっては、23mm以下というものもあります。

しかし、それではそのメガネを掛けたときの垂直方向の寸法が狭すぎて視野が足りなく混じます。
スタイルも大事ですが、機能性をおろそかにしない範囲でのスタイリングでなければならないと、これが、大きい眼鏡専門店の揺るがぬ信念です。

このページでは、若い方からオジサンまでの大きいお顔の方が似合う、天地サイズが浅くてスマートな大きいメガネフレームに関連する情報を発信いたしています。

 



おすすめ記事

おすすめメガネ

  1. 1

  2. 2

  3. 3

ピックアップ記事

  1. 強度近視メガネ
    強度近視眼鏡の理想をご提案レンズだけで薄く軽くするのでは…
  2. 大きいメガネ
    (1)レンズが入る大きさ62mm (2)フレーム横幅…
  3. 丸メガネ
    丸メガネを掛けている人と出会ったとき、何となく吸い込…